スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No081/シビビゼクトル(スタン・L1~)

今回はシビビゼクトルです。
しんかのきせきの登場により、より凶悪になったデッキですね。

No081
今回から↑のポップを付けてみようと思います。




・デッキレシピ
・ポケモン 12
4 ゼクロム(BW1)
2 シビシラス(BTV-1、BW2-1)
2 シビビール(BW2)
2 トルネロス(BW1)
2 マッギョ(BW2)
・トレーナーズ 36
2 ポケモンキャッチャー(BW1、BK、BTV)
2 クラッシュハンマー(BW1、BTV)
2 すごいつりざお(BW2)
2 ポケギア3.0(L1)
3 ジャンクアーム(L3)
4 プラスパワー(L1、BW1)
4 ディフェンダー(L2)
4 しんかのきせき(BW2)

3 ポケモンコレクター(L1)
3 ぼうずの修行(L2)
3 オーキドはかせの新理論(L1)
4 アララギ博士(BW1)
・エネルギー 12
10 雷エネルギー
2 ダブル無色エネルギー





解説:
いわゆるシビビゼクトルのテンプレです。
ゼク、トル、マッギョと初手に来てすぐ出せるたねポケモンが多いのも特徴です。
トルネロスはニコタマビート用、マッギョはミラー対策です。
シビシラスの種類がばらばらなのは、逃げエネがないキャンセル用と「でんじは」で遅延したり即進化用です。
クラハン採用の理由は、回収しにくい相手のニコタマレインボー等を破壊する役割があります。
ジャンクアームはエネを落としたりディフェンダーやしんかのきせきの試行回数が上がるので便利ですね。

テクニック1
ゼクロムに輝石とディフェンダー1枚ずつで「らいげき」の自爆ダメがなくなります
これは公式でも回答されているように、自爆ダメージもワザのダメージ扱いなので、これも軽減します。
わかりやすくいうと、しんかのきせきの付いた【バスラオ(BW1)】の「いのちがけ」でコイン2回裏でも60ダメージしか自爆しない。というわけです。

テクニック2
プラスパワーは最大で7回使えます。
これはプラスパワーがエラッタによって「使用後即トラッシュ」に変わったためです。
これで落としきれないアイツを落とせますね。

テクニック3
手札に必要無くなったカード(ベンチ埋まった後のポケオタ、ポケギア)はアララギで綺麗さっぱり落としましょう。
無理やり新理論→アララギにすると今度はドローが腐ります。
山切れが激しいので山回復!とかもアリですが、それは凄いつりざおでやってください。手札腐ります。

こんなところですかね。
ちなみにこのデッキは東京タワーに1回目行った直後に組み立てて更に見なおしたものです。
勝ちに重点を置き過ぎているので紹介がこんなに遅くなってしまいましたね。
これを参考に(なればいいですが…)もっと強くしていってください。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。