スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No409/エンペタンク(スタン・BW~)

先日いろいろ話してて組んでみようと思い組んだものです。
久しぶりのエンペルトですがサブアタッカーも増えて安定感も増したので作れました。

・デッキレシピ




・ポケモン 18
4 ポッチャマ(BW4、MDB、SC、EBB)
2 ポッタイシ(BW4、MDB、SC、EBB)
4 エンペルト(BW4、MDB)
3 ミルタンク(XY2)
1 エモンガ(BW5)
1 バリヤード(BW8)
1 タマタマ(BW9)
1 ダゲキ(BW9)
1 クリムガン(XY2)
・トレーナーズ 35
2 すごいつりざお(BW2、DS)
2 ハイパーボール(XYA)
2 ポケモンいれかえ(HXY、X/Y30、XYA)
2 ちからのハチマキ(XY1)
2 びっくりメガホン(XY2)
3 レベルボール(BW3、MDB)
3 どくさいみん光線 Ps (BW7、PPD、PBG)
4 ふしぎなアメ(BW4、MDB、BKB/W、K+K)

2 フラダリ(XY2、XYA)
3 N(BW2、BKZ/R、MDB)
4 フウロ(BW6、BKB/W、K+K)
4 プラターヌ博士(XY1、XYA)

1 タチワキシティジム(BW6)

1 ダウジングマシン(BW7)
・エネルギー 7
7 水エネルギー



解説:
エンペを立ててミルタンクで攻撃しましょう。
ベンチに大量にエンペを出してミルタンクで80、ハチマキ100、タチどく110、ハチタチどく130まで上がります。
エンペで戦うときもハチマキで打点を調整して相手の意表を突く戦い方をできると尚よいです。
なお、タチワキどくは好みなので抜くか使うかは個人の見解でいいと思われます。

サブアタッカーの運用について。
ダゲキはプラズマへ高い打点を出して後続への繋ぎ。
クリムガンは隙を見て1エネ付けて待機させることによってドラゴンへの牽制。
といった用途で入れてあります。
なお、環境によってこの2枚は自由に入れ替えてもいいと思います。
例は後述。

エネルギーが7と一見少なく見えますが、ほとんどのポケモンが1エネ起動かつ1ターン目には高い打点を出すことは若干難しいため、そこまで厳しくはありませんでした。
これを少ないとみる場合は手紙や元の枚数を増やしていくといいでしょう。

エースペはダウジングでした。フラダリを再利用するなど用途は幅広いです。
エースペを変える時は一緒にサブアタッカーも変わるかと思われます。
例は後述。

フウロとプラターヌが4ですが、プラターヌで要らないカードを切りつつ目当てのものを引きやすくして、さらにダイビングドローを合わせると手札の枚数をあっという間に2桁に乗せることも可能です。
フウロはやはりアメ進化を素早く行うために入れてあります。ほかにもレベルボールでタマタマを早く呼びたいときにも使えますね。

さて、エースペとサブアタッカー枠についてです。
例としては事故防止型ならサブアタッカーを減らし、ジラーチ+サイクロン回収にしたりするタイプや、ミュウEXをサブとして入れることにより、ミュウツーやデオキをフラダリから倒しやすくするものもあります。
ほかにも枠を多少裂く必要がありますが、ライチュウ+メタモン+ニコタマを入れたりリーフィアPsを入れるパターンもあります。
また、ミルタンクやエンペルトが戦線に建つ場面も多いため、メガホンの割合にもよりますがいのちのしずく、ロックガードも大きな役割を持てる時があるでしょう。
増殖ドローができる場面であるならパソコン通信でフラダリをサーチして持ってくることも視野に入れられますね。

今回のエンペルトはジムバトルやフリーで数回回したところこれといった事故もなかったので割と回しやすかったです。
ただしプラズマ団のルギアだけは鬼門です。先に攻撃できないとほぼ負けでした。
これがあったためライチュウやほかの雷アタッカーも視野に入れたいと思ったり、鏡もワンチャンスあるかもしれないとも思えました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターX・Y
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。