スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No002/トレーナーズの効果解説 HS~BK版

前回の記事で補足しきれなかったことの応用編をやります。

BWシリーズ以降のトレーナーズだけで解説するので、新規プレイヤーも安心の設計です。



・グッズ
・モンスターボール(HS等)
コインを一回投げ、表なら山札から「ポケモン」のカードを一枚持ってくる。その後山札をシャッフル。

解説:はじめてセットや基本スターターパックには必ずくらいの割合でついてきます。
これに似た効果のカードは多く存在することや運に左右されるため、あまりデッキには入れられてません。


きずぐすり(HS)
自分のポケモン一匹を30回復。

解説:はじめてセットなどについてきます。
無条件で30回復のため、便利といえば便利ですが、使いどころが難しいです。


スーパーポケモン回収(HS)
コインを一回投げ、表なら自分のポケモンとポケモンについているカードを全て手札に戻す。

解説:リセットカード。ダメージ回復やベンチから出た時のみ発生するポケボディー、ポケパワー、特性を復活させることもできます。
エネルギーも回収するので、炎デッキならレシラムを回収しつつ、エンブオーの「れっからんぶ」を使う事も可能です。
しかし運に左右される事もありますので、注意。


>ポケモンいれかえ(HS、BK)
自分のバトルポケモンとベンチのポケモンを入れ替える。

解説:逃げるのに必要なエネルギーがかからない。
レシラムやテラキオンなど逃げるコストが2以上あるポケモンによく使用されます。


ポケモン図鑑(HS)
山札の上から五枚を見て、自分の好きな順番に並び変えて山札の上に戻す。

解説:山札の上から5枚見れるが、ドロー効果は無い
実際に使う場面は少ないので、使うこだわりがあるなら、チェレン等でドローを強化する必要がある。
例:図鑑を使い、山札の上が「ポカブ」「炎エネルギー」「炎エネルギー」「チェレン」「アララギ博士」
並び変えで「アララギ博士」「チェレン」「ポカブ」「炎エネルギー」「炎エネルギー」にする。
次ターンに「アララギ博士」を使い、チェレン~と3枚を引ける。


エネルギーつけかえ(HS)
自分のポケモンの基本エネルギーを自分の別のポケモンにつけかえる。

解説:ゼクロムを2ターンで動かせたりなどするが、結局は基本エネルギーしか移し替える事ができないので注意が必要です。


エネルギー回収(HS、BW1ブラック)
自分のトラッシュの基本エネルギーを二枚選び、手札に加える。

解説:レシラムやボルトロス等のエネトラッシュ系のポケモンと組み合わせるといい。
トラッシュした、させられた特殊エネルギーは回収できません。


クラッシュハンマー(BW1ブラック)
コインを一回投げ、表なら相手のエネルギー一個選びをトラッシュする。

解説:特殊エネルギーもトラッシュできるため、上級者との対戦でよくある「ダブル無色エネルギー」を破壊できる可能性があるので、相手を縛る事が可能です。
運次第だが、二枚以上入れてあれば期待値も上がるので、足止めなどにいい。


ポケモン通信(BW1ブラック)
自分の手札のポケモンを一枚相手に見せて山札に戻し、山札のポケモンを一枚相手に見せて手札に加える。その後山札をシャッフル。

解説:モンスターボールに似ているカードだが、運に左右されず、先にやられた「たねポケモン」の進化系を使い別の「たねポケモン」などを手札に加える事ができます。


まんたんのくすり(BW1ブラック)
自分のポケモン一匹のHPを全回復させるが、回復させたポケモンのエネルギーを全てトラッシュ

解説:ゴチルゼル、ランクルス(通称ゴチラン)のデッキに入っていることが多いです。
使い方はダメージスワップでベンチのゴチルゼルに120ダメージ付けて使用するなど。


リサイクル(BW1ブラック)
コインを一回投げ表なら自分のトラッシュから好きなカードを一枚選び、相手に見せて山札の上に戻す。

解説:運にかなり左右されます。回復させたいのはチェレン等のドローソース。


げんきのかけら(BW1ホワイト)
自分のトラッシュから「たねポケモン」を一匹選びベンチに出す。

解説:手札や山札に戻すのではなくベンチに出すという点に注意。
場合によっては不利に働いてしまうので扱いが難しい。


スーパーボール(BW1ホワイト、BK)
山札の上から七枚見てポケモンのカードを選んで手札に加える。その後山をシャッフル。

解説:サーチ効果があるカードです。
ハーフデッキではまず入れておいて損は無いでしょう。
ポケモンのカードが無い場合は宣告してシャッフルのみ行います。


なんでもなおし(BW1ホワイト)
バトルポケモンの全ての状態異常を回復する事が出来る。

解説:相手が状態異常デッキじゃない限り使いどころは難しい。
マヒを回復したりして不意を突くのが主な役割だが、進化や「ポケモンいれかえ」でも代用できてしまいます。


プラスパワー(BW1ホワイト)
この番だけ自分のバトルポケモンの技の威力が+10される。

解説:技にダメージが表示されている場合のみ適用されます。
このカードは複数枚使い合わせることも可能です。
例外としてはゾロアークの「イカサマ」で相手の技の表記に+10することになります。

また、チラチーノやタブンネのようにx*のダメージの場合はx*y+10のダメージ量となります。
例:チラチーノの「ともだちのわ」(ベンチに二匹)で20*2+10の50ダメージ


ポケモンキャッチャー(BW1ホワイト、BK)
相手のバトルポケモンとベンチのポケモンを入れ替える。

解説:相手のポケモンは自分が選べます
相手の弱点を無理やりついたり「たねポケモン」を倒す事ができるので、最有力カードのひとつでしょう。


エネルギー転送(BK)
山札から一枚基本エネルギーを選び、相手に見せて手札に加える。その後山札をシャッフル。

解説:手札にどうしてもエネルギーが無い時に使う程度です。
あってもなくてもあまり困らないので、別のカードやエルフーンでいいでしょう。


・サポーター
アララギ博士(BW1ブラック、PROMO)
手札を全てトラッシュし山札から七枚カードを引く。

解説:手札が少ない時程役に立ちます。
トラッシュしてもかまわないカードがある場合も便利です。


チェレン(BW1ホワイト、BK、PROMO)
山札から3枚ドロー。

解説:優秀なドローソースです
これ以上でもこれ以下でもなく、ほぼ抜く必要はありません。


ベル(BK)
手札が6枚になるまでドロー。

解説:ハーフデッキの序盤に来ると手がよく回る。
終盤に差し掛かると、手札が10枚以上だったり山札が少なかったりするので、使わないのも勇気です。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。