スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No032/今あまり見ないマイナー化カード特集。トレーナーズ編

今回は上位互換や安定性がないという理由で考察にでてこないようなサポ系カードを考察してみようかと思います。

選出の理由は以下の通りです。
1、上位互換の存在により下位互換となった。
2、他の有用カードがある。
3、使い勝手が微妙だったりピンポイントな物。




・ドローソース系

よく使われるカード
チェレン

これによって使われなくなったカード
マサキ、MCのおしゃべり、チアガールの声援

カード効果からみる考察:
チェレンは3枚を無償でドローできます。それによって2枚しかドローできないマサキは完全に下位互換となってしまいました。BW以前でもMCのおしゃべりやチアガールの声援の方が3枚ドローの可能性もあったため使われていたようです。
チアガールの声援もこちらが3枚ドローできますが、相手も望むなら1枚ドローできてしまいます
そのため得られるアドバンテージがマサキとそれほど変わりなく、微妙カード扱いされていました。
MCのおしゃべりはコイントスで2枚or3枚ドローです。
コイントス次第なので安定性がないという理由から最近はチェレンに変えられているということになりました。


チェレンの登場によって微妙カードとして認識されそうでされないカードは、
ロケット団の手口、エンジニアの調整くらいでしょうか。

ロケット団の手口は2枚ドローし相手の手札を一枚切らせる事ができ、エンジニアの調整は手持ちのエネルギーを一枚トラッシュしますが、4枚ドローできます。
アドバンテージ的に両方とも3枚となるため、割と優秀で使いやすいカードという認識をされています。
エンジニアの調整はエネルギー回収などと合わせて使う事によりアドバンテージが5枚になることもあります。



・エネルギー関係
よく使われるカード
加速デッキ→インタビュアーの質問
タイプが多いデッキ→エネルギー転送

滅多に使われないカード
エネルギーつけかえ、クラッシュハンマー

カード効果からみる考察:
エンブオー、オーダイルGr、メガニウムGrのいるデッキではインタビュアーの質問が便利です。
最大8枚のエネルギーがドローでき、それら全てをポケモンにつけることもできます。
タイプが2種類以上いるデッキではエネルギー転送が使われる事もあります。デッキ切れを起こしにくく必要な時にあれば攻撃態勢が整えられる可能性が高いカードです。
逆に滅多に対戦で見ないカードの一つ、エネルギーつけかえ
これは使いどころが難しいカードで読みあい、相手のペースを崩すといった難しいカードです。
また、大体の場合シェイミを使われる事が多いのですが、シェイミとの差別点はグッズかポケモンかの違いです。
シェイミは連発できませんが、ベンチを埋めたりスーパーポケモン回収でカモにされにくくできます。
エネルギーつけかえは4枚まで基本エネルギーを別のポケモンに付け替えることができるため、気絶しかけのバトルポケモンのエネルギーをベンチに付け替えたり、キャッチャーで遅延されそうな時に使えれば大番狂わせとなります。
クラッシュハンマーは使い方として、相手のダブル無色エネルギーや特殊悪、鋼エネルギーを破壊する事ができます。
ロストリンクシリーズ(絶版)のカード、ロストリムーバーでも特殊エネルギーは破壊できますが、こちらは手に入りやすく基本エネルギーも破壊できるので場合によっては便利です。


・ポケモンいれかえ系

どうかしてるくらい強いカード:ポケモンキャッチャー

これによって使われる事はもうないであろうカード:ポケモンサーキュレーター、ポケモンリバース


カード効果からみる考察:
お馴染みポケモンキャッチャーです。相手のバトルポケモンとベンチポケモンを無償でいれかえます。
ポケモンサーキュレーターは相手が選ぶので、一生日の目を見そうにありません・・・。
ポケモンリバースはこちらが選べますが、コイン依存です。多分入手難度とかを吟味してもこちらが採用される事はもうないでしょう・・・。
(ポケモンキャッチャーはバトル強化デッキを買えば2枚も手に入ってしまいます。)


・トラッシュ回収系

安定カード:エネルギー回収、ジャンクアーム

不安定だが割と便利:いいつりざお、リサイクル


カード効果からみる考察:
エネルギー回収は気絶させられたポケモンや、エネトラッシュ系の技を持つポケモンのいるデッキに入ります。
いいつりざおはトラッシュにグッズ、ポケモンが一枚以上ある時に使えないと回収できずに終わったりします。リサイクルは不発or山札の上に戻す効果なので、ピンポイントな使い方ですが全く使えないというわけではありません。
しかしどちらもジャンクアーム(L3)の効果よりどうしても弱いです。
トラッシュ回収はやはり不確定要素が強いので、スタンに1~2枚入る程度でよいかと思います。



・回復系

デッキによって使いやすい:まんたんのくすり、げんきのかけら

使いにくい:なんでもなおし、きずぐすり


カードからみる考察:
このあたりは前にも説明しました↗が、全てデッキに左右されます。
強いて言えばなんでもなおし、きずぐすりは上位互換カードも多いため無理して使う事はないでしょう。




以上でマイナーカードはなぜマイナーになってしまったかの考察を終了したいと思います。
お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。