スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No264/ビートダウンデッキ(BW・スタン)

今回はカーニバル終わってすぐに組んだデッキを紹介します。
140ダメージを2ターン目で出せたら強いよねって考えだけで組んでます。




・デッキレシピ

・ポケモン 14
4 ゾロア(BW4)
4 ゾロアーク(BW4)
3 ヤミラミ(BW4)
3 ダークライEX(BW4)
・トレーナーズ 34
1 すごいつりざお(BW2、DS)
2 ポケモンいれかえ(BK、BTV、BKZ/R、BGS、KLD)
2 レベルボール(BW3)
2 ランダムレシーバー(BKZ/R)
2 ハイパーボール(BKZ/BKR、SZD、GBR)
4 ポケモンキャッチャー(BW1、BK、BTV、BKZ/R、BGS)
4 悪のツメ(BW4)
4 ダークパッチ(BW4)

2 チェレン(BW1、BK、BTV、BKZ/R、BGS、SZD、GBR、KLD)
3 ベル(BK、BTV、BGS、KLD)
4 アララギ博士(BW1、BKZ/R、GBR、SZD)
4 N(BW2、BKZ/R)
・エネルギー 12
10 悪エネルギー
2 ダブル無色エネルギー




解説:
場に悪ポケを並べ、ビートダウンを連打しまくりたいデッキです。
ゾロアスタートなら覚醒、ヤミラミスタートなら展開を重視して戦えます。
ダークライスタートだとちょっと厳しいですがダークパッチなどを駆使してヤミラミ、ゾロア展開にすぐに切り替えたいですね。
悪のツメ4積みは140ダメージを早く出す目的とダークライで110、30でガブリアスを強引に突破できるようにです。
パッチ4はエネルギーのプール用。
ニコタマが2枚なのは、4積みで初手に来て覚醒できなかったりダークライに付けてなにやら損する場面が多かったためです。後続に立ったゾロアーク以外には無意味ですし2枚でいいです。
そんなニコタマゾロアークを逃がしたい時用に入れ替えを2積み。マヒ、ねむり対策にも一役買っています。
ランダムレシーバーはアララギや使用して落とせばヤミラミで毎ターンサポを使える悪の特権ですね。

このデッキのコンセプト的に闘ポケが基本的に無理なので、キャッチャーを駆使して頑張ろうとしか言えませんが(汗)
闘ポケモンに当たった場合はエネルギーを付いたポケモンを優先的に倒すことが大事だと思います。
テラキオンEXには基本的に弱いので大きなマント、クラッシュハンマーなどを入れて補強など工夫も必要かもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

闘ポケモンよりゼクビールの方がつらかったりします。

No title

>トムリンさん
シビゼクの毎ターン100、120の方が厳しかったですか。貴重な情報ありがとうございます!

No title

ツメより輝石推奨派の私はダークライEXがガブや100ダメ勢の2回の攻撃でやられてしまうのが怖いと思ってしまいます。

あくまでゾロアークを使わない構築でガブチルと戦うと、チルタリスやエモンガをぎぜつさせる際にフカマルに30~60に乗せることが多いので、ゾロアークを使う構築でもゾロアークでガブを、ダークライで置物を殴るというプレイングだけでツメが無意味になることも多いと思います。

やったことないので机上論ですが、ツメを減らしてマントや機動力重視でつけかえなど いかがでしょう?

No title

>灯だまらさん
この構築がかなり特殊なだけですしゾロアークの体力を増やす意味でもマントでもいいですね。
付け替えもいいですがベンチにだいたい何かアタッカーがいることも多いので逃げられれば楽なので入れて1~2ですね。
ガブチル相手はベンチをたくさん出して戦ったり、ガブリアスに110-30を与えキャッチャーで2体ガブを倒したりでも割といけました。
あとエモンガは放置で良いかと思います。倒すとベンチスペースが空いてしまいチルタリスを更に出される原因となりやすいので。

ただやはりサザン型と比べてしまうと耐久力の難が浮き彫りになってしまうことが多々あるので2ターンでケリを付けるくらいの勢いでやらないとダメなデッキでしたね。
プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。