スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No024/リカバリーカード。何を入れる?BW・テキスト編

今回は回復や蘇生等のいわゆるリカバリー効果のあるカードについて考察をしてみようと思います。
どんな場面で使えるのかを考察していきます。




・種類の確認をしてみよう
回復系のカードには「手札に戻す系」「ポケモンのHPを回復する系」「ポケモンをトラッシュから呼び戻す系」「ベンチに戻る系」「状態異常を回復する系」に分類されます。
このテキストだけで勘のいい人は大体何のカードを示すかわかったはずです。
では、カードの名前と同時にテキストを読みながら考察してみましょう。


・テキストの確認をしてみよう
きずぐすり」(HPを回復する系)
自分のポケモンを一匹選び、30回復する。

ポケモンを代表する道具の一つですね。ゲームのプレイヤーなら序盤で拾わない人は少ないと思います。
使い方は非常にシンプルで、使っただけでHPが30回復します。
大体の「たねポケモン」の攻撃はこれ一回で回復できますね。

まんたんのくすり」(HPを回復する系)
自分のポケモンを一匹選び、HPを全回復する。その後そのポケモンについているエネルギーを全てトラッシュ

全回復系のアイテムです。大体の場合使いどころが無いようなカードですが、ポケモンと使い方次第では真価を発揮します。
1、ランクルスと組ませてエネルギーの無いポケモンにダメカンを移して全回復
2、ギギギアルと組ませてエネルギーを全て別のポケモンに移して全回復したらまたエネルギーを戻す
このようにダメージリレーが可能なので、一概にゴミカードというわけではありません。
むしろ最強の回復アイテムです。注意

げんきのかけら」(トラッシュから呼び戻す系)
自分のトラッシュにいる「たねポケモン」を一匹、ベンチに出す

注意するのは、手札に戻さずベンチに出すという点です。
手札に戻らないので、ポケモン通信とのコンボなどを狙えませんが、ベンチに即出せるので「エネルギーつけかえ」などと一緒に使えばすぐに再起動できたりします。
「アララギ博士」やきぜつさせられた時に役立ちます。

なんでもなおし」(状態異常を回復する系)
自分のバトルポケモンの状態異常を回復する。

一見強そうに見えますが、これは地雷カードだったりします。
デッキによれば入るスペースはあるのですが、大体の場合「ポケモンいれかえ」や「ポケモンキャッチャー」の入れ替え効果で特殊状態は完治してしまうので、微妙カードかもしれません。
旧シリーズの「ベイビィポケモン」での遅延を狙う以外の使い道が殆ど見当たらないです。
唯一のいい点といえば、「マヒ」を回復して戦える点でしょうか。

ポケモンいれかえ」(ベンチに戻る系)
自分のバトルポケモンとベンチのポケモンを入れ替える。

状態異常を回復する手段の筆頭です。逃げるために必要なコストが大きいポケモンなどにも使いやすく、多めに入れておいて損はしないカードです。
他にも一度ベンチに戻ったポケモンは「相手の技の効果で技を使えなくされた効果」まで消し去ることができます。
これは「なんでもなおし」には無い効果で、この点などから「なんでもなおし」の上位互換であると判断しました。

ポケモンキャッチャー」(ベンチに戻る系)
相手のバトルポケモンとベンチのポケモンを入れ替える。(使った側が選べます。)

相手依存ですが、一応状態異常が回復します。

スーパーポケモン回収」(手札に戻す系)
コインを投げ表なら、そのポケモンについている全てのカードを手札に戻す

HP、状態異常などなど全部回復(回収)します。
コイン依存ですが、HPやエネルギーが回収できる数少ないカードです。



このようにBWシリーズのリカバリー系のカードは大体これぐらいです。
状態異常の回復程度なら逃げるで十分なので、よほどスペースが無い限りは「ポケモンいれかえ」でOKです。
HPの回復はデッキ依存なので、入れるなら「まんたんのくすり」で「きずぐすり」はスペースが埋まってしまうため、そんなに重要でありません。

次はデッキで見る回復カード編です。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。