スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No231/アイアント考

今日はアイアントについてちょっと考えてみようと思います。
BWレギュでのアイアント、またその対策、いろいろ切り開いてみたいと思います。
と言っても私のことなのであまり深く行けなかったらツッコミなどもお願いします。







その1、基本能力

アイアントは鋼エネ1枚、ニコタマ1枚のどちらでも戦えるカードです。
鋼1枚付ければ山札を最大4枚削れる。ニコタマ1枚付ければシラスなどのHP30を葬れる。
逃げるに必要なエネルギーは1だけど、スカイアローを出してしまうと最近流行りのトルネロスEXにぶちのめされる。
げんきのかけらから復活、レベルボールで大量サーチ可能、しんかのきせき対象。
弱点は今若干下火の炎、抵抗はタッチ安定M2がいる超。
サイドに落ちると一気に山札を食える枚数が減っていくのでサイド落ちしたら割り切るor回収する勢いが必要。
BWレギュだと最近はダークライが怖い。

安定して相手の山札を3枚以上食える、と言ってもいいでしょう。



その2、攻撃的なお友達

アイアント事態に攻撃能力はほぼありません。あってもシラスをワンキルする程度です。
そこでサイド落ちした時などの回収方法に使われるカードを考えてみます。

1、ミュウツーEX
やはりこいつか感は否めません。しかしニコタマ、鋼エネ付ければいいので使いやすいのも確か。
逃げるに必要なエネルギーも少ないですし相手のEXに対して強いのがいいですね。
M2ミラーには要注意なので後出しから効果を発揮します。

2、トルネロスEX
スカイアローやバトルシティとの相性がいい相棒です。
どちらのスタジアムもアリと相性はいいので採用しやすいでしょう。
また流行りのテラキオンにも強いが、環境に根付いている雷に弱いといった二つの面を持ち合わせています。

3、コバルオン
エネルギー色が同じで使いやすいカード。
最近はダークライやスカイアローの出現により若干評価は下がっているものの、超抵抗や打点はまだまだ現役。
M2に対してもやや強気に戦えるカードです。


ほとんどのポケモンが無色を使うタイプのいわゆる「タッチしやすいポケモン」が多いです。



その3、サポート的なお友達

アイアントの息切れや相手を妨害する役割が強い味方もいれば心強いです。
アイアントデッキ自体それほど攻撃的にならないでもいい感が強いので。

1、ヤミラミ
ジャンクハントでげんきのかけらやレベルボール、クラッシュハンマー等を拾うと強いです。
特にBWレギュでは雷、悪以外のデッキは息切れまっしぐらコースに陥ります。
逃げるも1で優秀ですが、悪エネやプリズムエネを入れないとジャンクハントできないので注意。

2、ギギギアル
コバルオンとセットの時に使いたいです。
ギギコバアイアントになる形で組み込まれるカードです。鋼はエネ加速がないので学習装置と併用しましょう。


アイアントをサポートするタイプのポケモンはほとんどがL以降だったのでこれくらいでした。



その4、アイアントを対策しよう

アイアントの利点はその速攻性です。
2エネ使うような炎とかじゃ相手になりません。
じゃあどうすればいいのか、その方法は大きく分けて二つ。

一つ、高火力でごり押し。
シンプルかつわかりやすい方法ですね。
シビゼクで殴り続けたりトルネで吹き抜けブラスト、ダークライでボコボコにするetc・・・
アイアントの弱点は90以上のダメージなので、それを超えるダメージを乱発すると即死します。
また場を大量展開しなければならないのでエンペルトにも若干不利と言えますね。

二つ、BW4のクイタラン。
タッチ積みでどうぞ。
1エネでアイアントはどう頑張っても即死します。

最近はパワーで押すポケモンが多いので一つめの方法が一番堅実かと思われます。
また、DSのレックウザで引き裂くなどしてもいいですね。



その5、アイアントと当たった時、使って事故った時の心がけ

アイアントとぶち当たった時はじゃんけん勝ちましょう。
勝てなかった時は、相手がアララギN使ってもボールかエネを引かないように祈るしかないです。
あとは自分のペースを失わないように頑張って90以上のダメージを連発するように心がけましょう。

アイアントを使って事故った時は、できる限りのことをしていきましょう。
例えばサイドに2枚落ちてるのがわかったら必死にげんきのかけらを使って復活させ戦いましょう。
途中でレベルボールとかをアララギで落としたりすると相手もアララギを油断して使ったりします。
相手に隙を見つけて一気に叩き込みましょう。あとはクラハン成功祈るくらいですね。




アイアントデッキはなかなか奥が深いです。
また、アイアントデッキでアイアントスタートできなかった時はレベルボールで必死に展開するかそのまま戦っていきたいですね。
いろいろなタッチカードを考えたり、デッキタイプが生まれると思うのでどんどん組み込んでいきましょう。

デュアルボールの再録はよ。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。