スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No018/○○ボール。何ボールを使う?

今回は○○ボール系のアイテムについて考察していきます。

今のところ考察に入っているボールは以下の通りです。
モンスターボール」「デュアルボール」「スーパーボール




・ボールごとの特性を見てみる。
1「モンスターボール
効果:コインを一回投げ、表ならポケモンを山札から相手に見せて手札に加える。その後山札を切る。

2「デュアルボール
効果:コインを二回投げ、表の数だけ「たねポケモン」を相手に見せて手札に加える。その後山札を切る

3「スーパーボール
効果:山札を七枚見てその中のポケモンのカードを相手に見せ手札に加える。その後山札を切る。


こうして見ると、モンスターボールも捨てたもんではないです。
モンスターボール、スーパーボールは進化系のカードも手札に加える事ができますが、デュアルボールだけは「たねポケモン」に限定されています
ここで重要なのは「手札に確実に加わるか」という点になります。
ハーフデッキではデッキの中身の約1/3を見る事ができ、ポケモンがいる確率が高いためスーパーボールが有効ですが、スタンダードデッキでは山札の七枚を見ても、目的のポケモンがいる確率が低い事になります
このような欠点を持っていることから、スーパーボールはスタンダード向きのカードでは無いと言えますね。

次にモンスターボールですが、期待値は50:50です。
二枚あれば表の確率も少しは上がりますが、同時に裏の確率もあがってしまいます。
ちなみに2回表の確率は25%で2回裏の確率も25%です。残りは裏、表と交互のパターンになります。※1
また、進化ポケモンも手札に入れる事ができるので、場合によってはデュアルボールより効果的に働くこともあります。

最後にデュアルボールの考察をしてみます。
上の確率に基づくと、二枚の「たねポケモン」を手札に加えられる確率が25%で、交互に表裏が50%です。
単純に計算して表が一回以上出る確率は「75%」になります。
要するに殆どの確率で「たねポケモン」一匹を手札に加える事が可能です。
そしてポケモンカードでは、ハーフデッキとスタンダードデッキで「たねポケモン」の数が違う場合が多いので、「たねポケモン」が多くなるスタンダードデッキでなら採用しても元が取れると言う事になります。


・結局どのボールがいいの?
はい。ハーフデッキではスーパーボール、スタンダードデッキではデュアルボールが基本になるかと思われます。
スタンダードデッキはポケモン通信が無いとデュアルボールが手札に腐る可能性があるため、ポケモン通信との組み合わせは必須であると感じられますね。



※1)確率論について。基本的にコインは表が50%裏が50%となっています。つまりコイントスの回数が増えると同時に期待値も大きく変動するということになります。

試しにスタンダードでデュアルボール4枚モンスターボール4枚コイントスを12回してポケモンを手札に加えられる確率で思考してみましょう。間違い等があったら指摘も受け付けてます。

Excelで出した数値

表が0回,12回の確率=0.00024(≒0.02%)
表が1回,11回の確率=0.00293(≒0.29%)
表が2回,10回の確率=0.01611(≒1.61%)
表が3回,9回の確率=0.05371(≒5.37%)
表が4回,8回の確率=0.12085(≒12.08%)
表が5回,7回の確率=0.19336(≒19.33%)
表が6回の確率=0.22559(≒22.55%)

大体こんな確率に表す事ができました。
平均すると、出やすい表の数は4~8回となります。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ex

Author:Ex
ポケカ初心者が色々模索しながら考察していきます。
至らない点もありますが、楽しくやっていこうとおもってます。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。